アクセスランキング ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


工作員にピンときたら
▼クリック支援お願いします▼
FC2Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
人気ブログランキングへ ブログランキング

【既に発動していた】子供版 人権救済法

本当に恐ろしい法案は、
ほとんどの人に知られていない水面化で
既に成立し施行されています。
そして、年々、強化され続けている・・・・・

人権救済法案に関して、
皆さんが精力的に反対運動をしていらっしゃるのを、
大変ありがたく頼もしく思ってます。
でも、既に

子供版 人権救済法 

が成立し、既に施行されていることは、
ほとんどの方が知りません。
それにも関わらず、
この子供版人権救済法が、
今回、更に改悪され強化されました。
(詳細は後に書きます。)

「子供版人権救済法」とは、

● 児童虐待防止法
● 児童福祉法


です。
この二つの法律は一見、

「子供を虐待から守る」

という耳障りの良い大義名分を掲げてますが、
運用のされ方は、
皆さんが懸念している人権救済法と
全く同じ以下の通りです。


①虐待の定義が曖昧なので、
 親が子に対して行なう全ての行為を虐待と決めつけることが可能。

②この法律により児相が親から子供を強制的に「保護」することができるが、
 児相の職員は専門知識や能力を持つことは一切義務付けられておらず、
 素人同然の職員でも誰でも児相職員になれる。
 そして素人職員が主観で「親子分離」という強権を発動している。

③児相の強権発動に関して、監督機関がない。
 一応、家裁が児相の決定に関して審判をすることになっているが、
 家裁は事実調査をせず児相の言うことを鵜呑みにするので、
 監督機関としては全く機能していない。

④児相が恣意的に強権を発動できるシステムである。


結果として、
誰かが悪意を持って、
児童相談所に、

「あの家庭は児童虐待をしてる!」

と通報すれば、
児童相談所は嘘の通報と分かっていても、
子供を親から強制的に「保護」することが可能です。
虐待の証拠なんて一切いりません。
だって、虐待の証拠なんてなくても、
児相の監督機関がないから、
児相は誰からも咎められないんですから。
こんな恐ろしい実態も知らず、
国民の多くは、

親の虐待が増えているから、

「児相にもっと権限を与えるべき」

なんて叫ぶ人がいるけれど、
今の段階で児相は警察よりも大きな権限を持ってるんです。
それなのに、ここまでの大きな権限たあるのに児相は、
肝心の児童虐待防止には一切役にたてていない。
強権を発動させれば良い酷い虐待の場合には
ニュースになってから必ず、

「親の親権に配慮して子供を保護できませんでした」

なんて平気で言う。
児相には専門家がいないから、
自分達の強権の正しい使い方が分からないのが実態です。

その一方で、全く問題のない家庭の子供を、
点数稼ぎをして国民に「仕事してます」と言いたいが為だけに、
虐待をでっちあげて「保護」をしてきています。
これだけ酷い実態を隠しに隠し、
国は更に今回、児相の強権が強化しました。


親権停止:児虐防止「2年」親の改善に期待
  http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110528ddm002010106000c.html


この法律が成立したことにより、
次のことが可能になります。


① 児相が全く虐待のない家庭から子供を「保護」してくる。

② 怒り狂った親が児相に猛攻撃を行なう。

③ 児相は「この利益を害する親」と勝手に決めつける。
   (しかも、「この利益を害する」とは何かを、法律で一切定義づけていない)

④ 家裁に親権停止の申立を行ない、家裁は事実調査を一切せず申立を認める。

⑤ 親は親権を停止され、親権者として、
  児童相談所相手に裁判を起こすことすら出来なくなる。

⑥児相、安泰!


こんな恐ろしい法案に、
誰も気付いてないんです。
既に、誰も手が出せない恐ろしい程の強権を持っている児相が、
どんな不当なことをしても、

私達国民は、児相を訴えることすら出来なりました・・・

正に人権救済法案と同じ・・・

今回の「改正」も、自民党を初めとした「保守」の人達も賛成しており、
全会一致で可決してしまいました・・・;;

水面下で、日本破壊はじわりじわりと進んでいます。
しかも恐ろしい法案ほど、
全く人目につかないところでコッソリと進められている。
スポンサーサイト


工作員にピンときたら
▼クリック支援お願いします▼
FC2Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
人気ブログランキングへ ブログランキング

人権侵害救済法案(民主党案)

ネトウヨ連呼厨が推進している人権侵害救済法案(民主党案)の危険性

http://hadeselysion.blog51.fc2.com/blog-entry-9.html参照

人権擁護法案よりも恐ろしい人権侵害救済法案(民主党案)
http://unkar.org/r/seiji/1274630419/39




【人権擁護法
(人権侵害救済法案)の問題点 】




1) 国籍条項がない。(外国人でも人権擁護委員になれる

2) 人権の定義が非常に曖昧で恣意的な解釈が可能。(心的外傷後ストレス障害でなんでも因縁をつけられる

3) 人権擁護委員の選定方法と基準が曖昧。(外国人でも人権擁護委員になれる

4) 人権委員の資格条件が"特定の政治目的を持って活動する者"に都合が良い。(外国人でも人権擁護委員になれる

5) 冤罪の救済が明記されていない。(言いがかりをつけられた無実の人が救済されない

6) 家宅捜査、差し押さえの権利の濫用の可能性がある。(令状が要らない、土足で踏み込める

7) 人権擁護委員を監査する機関が存在しない。(自己チェック機能がないので暴走する

8) 人権擁護委員が持つ権力が大きく、実質法の下ではなく上に存在する。(三権から独立している

9) 言葉狩りを生む危険性がある。(心的外傷後ストレス障害でなんでも因縁をつけられる

10) 国家転覆活動歴のある者を排除する欠格条項がわざわざ削除された。(殺人鬼の日本赤軍でも人権擁護委員になれる




【人権擁護法案
(人権侵害救済法案)は憲法違反】





この人権保護法案は、「人権委員会」という組織にその法律の執行を任せているが、その権限が

 1) 人権侵害かどうかの基準を、人権委員会が決め(立法的行為)

 2) 人権を侵したおそれのある人物を摘発・家宅捜査し (行政的行為)

 3) 人権を侵したと目される人物への科料・社会的制裁を加える (司法的行為)

と、憲法で謳っている三権分立の精神に反する、独裁者のような行政機関である。

工作員にピンときたら
▼クリック支援お願いします▼
FC2Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
人気ブログランキングへ ブログランキング
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
ブログの解説です
必死チェッカーもどきというツールで2chなどからコメントを抽出した結果です 2chなどでネトウヨという単語を使ってるIDを必死チェッカーもどきで抽出すると 他のスレでは 独島は韓国の領土 だの 倭猿 だの 在日はカッコイイ だの(例ですが) 書き込んでるわけです 必死チェッカーもどきというツールは 一人のIDの一日の書き込みがすべて抽出できてしまうのです つまり ほかのスレの書き込み内容から逆に正体がバレるわけです
ネトウヨ連呼厨とは?その1
日々、2ちゃんねるなどで「ネトウヨ」と鳴き声を上げ続ける荒らしである。 紳士的な流れで進む会話の中に、呼びもしないのに現われては「ネトウヨ」を連呼して場の雰囲気を悪くする気色の悪い生き物たちである。 そんな彼らの正体は「在日朝鮮人」である。
ネトウヨ連呼厨とは?その2
リチャードコシミズは共産党の工作員とは言い過ぎでしょうが、中国系左翼であることは間違いありませんね。独立党員の「ネトウヨ=統一教会」のレッテルは中核派の主張とかぶります。同じ反日同胞であったはずの朝鮮系左翼を裏切り利用して「ネトウヨ=チョン」というレッテルを貼ってるところが陰湿ですよね。何から何まで保守派関連の物は統一教会又はキリストの幕屋とレッテルを貼り、カルトと結びつけようとするところに左翼の習性が垣間見れます。反米・反ユダヤ・反国際資本・反自民党・反宗教・親中の左翼と驚くほど思想が一致してますね。リチャードコシミズの人脈を見てください。中国系・華僑がごろごろいますよね?コシミズ宅にある中国語教室、リチャードという華僑に名付けてもらった名前、明らかに中国擁護の主張、華僑との貿易、YouTube内での統一教会レッテル貼り工作員の中国人率の高さ、自宅に中国人を呼んで日中友好を主張・・・などなど、コシミズと中国の関係は挙げたら限がありません。
ランキング支援
工作員にピンときたら
▼クリック支援お願いします

FC2ランンキング

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

ブログランキング
ブログの殿堂
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
写真風サムネイルのリンク
 ネトウヨ連呼厨の正体 ネトウヨ連呼厨の正体

ネット新撰組ネット新撰組

必ずや名を正さんか必ずや名を正さんか

Japan's crisis「日本の危機」(小説創価学会FREE)Japan's crisis「日本の危機」(小説創価学会FREE)

こっちにもこっちにも

明日の日本のために ~For the next JAPAN~明日の日本のために ~For the next JAPAN~

X-day
基礎知識が学べるサイト
おすすめ動画
最新コメント
最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。